Twitterのマナーを見直してみましょう!【あなたは大丈夫?】

Twitterのマナー見直してみませんか?

Twitterの利用率は、増加傾向にあるようです(参考:【Twitterの利用に関するアンケート調査】Twitterの利用率は3割弱で増加傾向。100人以上フォローしている人は利用者の2割、10・20代では5割弱)。

Twitterをやる人が増えればお友達になる人が増えるのでうれしいことですが、同時に、Twitterのポリシーに違反している方も、結構増えてきました(バカッターも、ありますね・・・)。

改善されない場合、凍結するケースもあります。せっかく育てたTwitterが凍結もしくは使えなくなってしまったら辛いですよね。

Twitter初心者の方も、そうでない方もチェックしてみてください。

目次

何をつぶやいてもいいわけではない

公式のTwitterルールがある

勘違いしているような方がいるのですが、何をつぶやいて問題ないということではありません。Twitterでは、公式にTwitterルールというのがあります。

個人への暴力をほのめかすツイート(実際に暴力をふるわなくてもダメ)。先日私が見かけてしまったのですが、「フォロワー何千人が、お前のことを○しにいくからな!!」などですね。これは明らかなルール違反。

その他にも、他のユーザーの住所や電話番号などをツイートしたり、なりすましをしたり、性別や宗教などを理由にして脅迫したりっていうのもアウト。

一度はTwitterのルールを、ざっくりとでも良いので読んでいたほうが良いと思います。

特定の人に対して、攻撃的なツイートを見かけたら?

攻撃的な内容のツイートの場合、通報することができます。ただ、通報するなら、第三者より、言われた本人のほうが効果があると思います。

オンライン上で嫌がらせを受けている人を助ける方法

もし、自分ではなく、誰かが嫌がらせを受けていると確認したら?・・・Twitterでは、嫌がらせを受けている人を助ける方法を紹介しています。

状況を理解するよう努める
助けを求めるよう促す
傍観しない
違反として報告する

嫌がらせを受けている場合、その本人はまともな判断ができないっていうことがあります。当人がなにか悪いことをしたわけではなければフォローしたりとか、一声かけたほうが良いかなと思います。

悪質な嫌がらせを受けてる人を見かけました

私もたまたま、先日嫌がらせを受けているツイートを目撃してしまいました。

相手はお酒を飲んでいるようで、批判したつもりでもなんでもないツイートにもかかわらず、何故かアンチと捉えて、相手は謝罪しているのにも関わらず「アカウントを消すまでお前を追い詰めるぞ」など長時間に渡り、脅迫をしつこく何度も行っていました。

どちらも、あんまりやり取りをしたことがないしらない人だったのですが、暴言を送っている方を通報しました。暴言を吐いている方が怖かったので私もブロック…。

こういうこともあるので、抱え込みすぎないようにしてくださいね。

本人の許可を得ずに、スクリーンショットをアップ

スクリーンショットを本人の同意を得ずに晒す方がいますが、マナー違反です(IDなどがわかるようにするアカウント晒しは当然アウトですが、IDなどがわからないようにしていても、アウトです)。

個々のやり取りであるTwitterのDMやLINEの内容を公開するなんて方もいますが。まぁ、どちらにしろ、良い印象をもつことはまずありません(ちなみに、LINEを公開することに対して嫌悪感を抱くのは女性の方が多いようです 参考:友達とのLINEを公開する!?あなたはSNSのマナーは、大丈夫?)。

よくやり取りをスクリーンショットで晒す方が結構多いですよね。中には、スクリーンショットって証拠にもなるし、何が問題なの?っていう方がいると思います。

そもそも、ネットに上げられたものって基本的にずっと残ってしまうもの(デジタルタトゥーっていいますね)。

特にTwitterのDMやLINEなどは、公の場ではなく個人と個人のやり取りなので、プライバシーの侵害にあたるケースもあります。

逆に言うと、スクリーンショットを晒している方は、マナーがなっていない・機密保持ができないと判断して問題ないと思います(少なくとも、そういう方とは私はお仕事したくはないです)。

当然ですが法的にアウトなことはもちろんダメです。事実無根の誹謗中傷、著作権侵害・許可なく芸能人の写真を使ってしまうなどなど。

悪質な場合は、もちろん裁判になるケースもあると思うので、基本的には、攻撃的なツイートや法的にアウトな内容は避けたほうがよいです。

裏垢なら、バレない?

育てたアカウントが凍結されるのが嫌なので、アカウントを変えればばれない?と思う方がいるようですが、よっぽど対策しない限り、確実にバレます!

バレる理由は、色々ありますがここでは割愛。

Twitterは匿名性の高いSNSですが、法的手段を使えばIPの特定はできてしまうようです(すみません・・・流石にそこまではやったことがないのです)。

なので、アカウントをかえて暴言を吐いたりっていうのは、あまりおすすめしません。そもそも、攻撃的なツイートは、Twitterのルール違反なので。

こちらのブログも参考になるかなと思います(参考:バレてますよ?Twitter匿名アカウントが身を滅ぼす恐怖とは。

もし、誹謗中傷で悩んでいたら

もしこの記事を読んでいる方で、誹謗中傷で悩んでいる方がもしいたらなのですが、誹謗中傷ホットラインというのができたようです。

私はやったことはないのですが、国内外のも削除依頼できるようなので、一度相談してみても良いかもしれません。

マナー人それぞれなので判断が難しいところも・・・。

最近橋下徹氏も勝訴!「リツイート」しただけでも損害賠償リスクはあるなんて話題になりましたが、個人的にはリツイートしにくくなったなぁと思ったりしています。

FF失礼しますとか、RT勝手にしないで問題とか、相互フォローとか人それぞれの価値観なので難しいところもありますよね。

私も相互フォローと思っていたのですが最近は業者さんなども多かったり、放置気味のアカウントも多くて、なんとも悩ましい。

個々の価値観による部分もあるので、判断が難しい部分もありますが、Twitterルールに基本的にあわせていれば問題ないと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。Twitterを運用する上で、何かお役に立てたらうれしいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事がよかったらシェアしてくれるとうれしいです!

この記事を書いた人

はる(田宮榛乃)のアバター

はる(田宮榛乃)

フリーランスのはるです。ブログを書いたり、動画編集なども行っています。時短になるものや便利なWEBのツールなどを紹介しています!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる