ウェブアクセス解析ソフトウェアのMatomoのメリット・デメリット

  • URLをコピーしました!

今回は、ウェブアクセス解析ソフトウェアのMatomoについての紹介をしようと思います。

このブログを読めばMatomoが、どういうものなのかが大まかにわかるようになります。

目次

ウェブアクセス解析のソフトウェアMatomoとは

100万以上のウェブサイトで利用されていると言われるインストールタイプのウェブアクセス解析のソフトウェアです。

私個人的には、絶対に入れたほうがいいよ!とは言わないのですが私はGoogle Analyticsと併用して試験的に入れています。

Matomoはどの国の人でも読めるというので、この名前になったようです。

インストールは簡単

Matomoのインストールは、普段WordPressをインストールしている方であれば簡単にできます。

ググるとかなり解説しているブログがあるので、このあたりは省略しますね。

デモ画面で確認!

実際にどんな画面なのー?っていう方は公式のMatomoでデモが公開されているのでチェックしてみてください。

Matomoのメリット

Google関連のツールを導入できないケースでも導入できる

Google Analyticsがあるので十分ではないか!と言われるかもしれませんが、お隣の国のサイト制作の場合Google関係のツールが導入できないケースなどもありますよね。

そのようなケースだとMatomoを導入することをおすすめします。

先日、「Googleへのデータ転送は違法」という判決が下りGoogleアナリティクスがEUで違法になる可能性という記事で話題になりましたがこのようなトラブルを避けたいという場合にMatomoが採用されているケースもあるようです。

無料でもヒット数などの制限なし!自分で調整が可能

Google Analyticsは無料だと制限があります。

プロパティあたり 1 か月 1,000 万ヒット

Google アナリティクスのデータ収集上限 - Google Developers

まぁ、こんなにヒットするようなケースはかなり大規模なサイトですね。有料だと月額130万円~にもなるようです。アクセス解析したいけれど、こんなに毎月高額な金額は出せないのであれば選択肢の一つになりそうですね。

Matomoはインストールをした個々のサーバー次第になります。足らなくなりそうであればサーバー移転するだけなのでその場合はMatomoのほうがいいですね。

Matomoのデメリット

プラグインはお金がかかるケースも

Matomo自体は、自分でインストールすれば料金はかかりません。

しかし、提供されているプラグインは料金がかかるケースがあります(Googleだったら無料なのにこれは有料なの?ってなります)。

例えばGoogle Search Consoleのような検索キーワードがわかる機能が欲しいなぁ~というとき、Search Engine Keywords Performanceというプラグインをインストールしないとわかりません。

気になる料金は……

この点は、Google Analyticsと比べると高く感じてしまいますね。

この他にも様々なプラグインが提供されているのですが、様々なプラグインを使いたい場合であればクラウドという選択肢にしてもよいかもしれませんね。

解説しているところが少ない

MatomoはGoogle Analyticsに比べると解説しているところが少ないです。

英語の公式サイトのドキュメントを見ながらのほうが最新です。

日本ユーザー向けのサイトがあるのですが、中身が古くなっていることがあるので注意が必要です。

Google Analyticsと併用がおすすめ!

私は、Matomoを入れるのであればGoogle AnalyticsとMatomoを併用することがいいと思います。

ウェブ解析ツールはMatomo以外にもたくさんあるので、導入次第紹介しようと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事がよかったらシェアしてくれるとうれしいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はる(田宮榛乃)のアバター

はる(田宮榛乃)

フリーランスのはるです。ブログを書いたり、動画編集なども行っています。時短になるものや便利なWEBのツールなどを紹介しています!

目次
閉じる